厚生労働省から葉酸の摂取を推奨する勧告が出ています!

ワンダフォー太陽光発電 > 葉酸サプリ > 厚生労働省から葉酸の摂取を推奨する勧告が出ています!

厚生労働省から葉酸の摂取を推奨する勧告が出ています!

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。

 

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

 

具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを厚生労働省が通知を出しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。不妊に効果のある食べ物というと、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

 

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

 

妊娠に必須の栄養が多いので、意識して食べたい食品に入ります。

 

また、栄養バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。

 

また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、産後までは我慢したほうが良いですね。

 

ポリグルタミン酸型の葉酸サプリはNG!※厚生労働省推奨ではない!